就業規則作成に関する留意点について

 

 就業規則作成に関する留意点について

労働基準法改正に伴う作成。平成16年1月1日改正の「解雇事由の明示」は、非常に重要な事項であり、不備により

不当解雇等の労働訴訟等が起きないよう、考えられる解雇事由は全て就業規則に表現する必要があります。

 

①週40時間の法定労働時間をどのような制度で実施しているか。

②1年単位(1年・3ヶ月)の変形労働時間制、1ケ月単位の変形労働時間制がよいかの検討。

③休み時間の表現をどの様に表示するのか。

④過払残業などが発生していないかどうか。退職金制度の見直し。

        ●労働基準法第89条(作成及び届出の義務)

        ●労働基準法第90条(作成の手続)

        ●労働基準法第91条(制裁規定の制限)

        ●労働基準法第92条(法令及び労働協約との関係)

        ●労働基準法第93条(効力)

        ●労働基準法第106条(法令等の周知義務)

※上記違反の場合は、労働基準法第120条により、30万円以下の罰金に処されます。

 

<訴えられる可能性のあるケース>

photo01

  • 何かのサンプルを参照して適当に作成した。
  • 内容が陳腐化している、もしくは現行諸法令に対応できていない。
  • 就業規則が存在しない。

<訴えられる可能性のある問題の例>

photo03

  • 残業代未払いとして社員から訴えられる。
  • 元社員から不当解雇だと訴えられる。
  • パート社員から退職金を請求される。
 Posted by at 1:25 PM