企業存続コンサルティング手順

formFlow

 

 

コンサル手順の一例

経営改善必要額の算出 いくら資金不足なのか、いくら経営改善すれば企業存続できるのかを算出します。状況により企業再生・会社整理の選択となります。
経営改善捻出方法の決定 企業存続に必要な経営改善必要額をどういう方法でいくら資金を捻出するか具体的に決めます。
経営トップの決断 企業存続の可否はトップの決断で決まります。経営トップの決断とは、「1.全ての責任はトップにあると認識する。2.腹をくくる。3.直ぐにやる。」事です
顧問契約等の締結 顧問契約・委託申込等のコンサルタント契約を締結します。
経営改善実施 先ず「出血を止める」事を最優先に、より短期間に実施して早期に効果を出します。

 

consul_flow